風のゆくえ 佐藤忠弘 展 | アートイマジン | ギャラリー

作品名 風のゆくえ 地の声 | 第62回 | 新世紀展

佐藤忠弘 sato tadahiro

アートイマジンギャラリー

風のゆくえ 佐藤忠弘 展 | アートイマジン | ギャラリー

展覧会名 風のゆくえ 佐藤忠弘 展
会期 2017年11月30日(木)〜12月5日(火) 12:00〜19:00(最終日17:00まで)
会場 アートイマジンギャラリー A・B 室
入場料 無料
オープニングパーティー 11月30日17時〜

 もし仮に、時間の流れが違う空間に迷い込んだと感じた時それを確認する方法はあるのだろうか。佐藤忠弘の作品によって想起させられたのは、まずは時間だった。現実の不確かさとイメージの確かさを鮮明にさせられる作品の中に、時折現れる人のカタチは、現実とイメージの仲介役として、鑑賞者自身を映す鏡として、風のようにただただそこに居る。
 2017年11月30日〜12月5日までアートイマジンギャラリーでは佐藤忠弘の大作、小作品あわせて20点程が展示される。氏が描く平面作品の中には「経過」が存在している。どれくらいの変化が、どれくらいの長さの中で起こっているのか知りたければ、実際に中に入ってみるしか無いのだろうが、現実には不可能だ。ただ、鑑賞者各々がイメージによって推測することは出来るだろう。
 作品の中の世界に入ってみる。一先ず時計を見る。秒針が動く間に起こる変化に耳をすまし、あたりを見渡し見つめてみる。手を伸ばして触れてみる。そのうち、風が向こうから現れるかもしれない。

<アートイマジンギャラリー代表 吉田史崇>

  • 略歴 Biography

    1953年 東京都生まれ
    1973年 新世紀展出品
    ・新世紀美術協会委員
    ・日本美術家連盟会員
    ・新耀展会員

    1977年 第3回 日伯現代美術展出品(後援:外務省)
    1980年 新世紀展刑部賞受賞 以後 受賞多数
    2000年 多摩秀作美術展佳作賞受賞 / 第6回 朝日チューリップ展準大賞受賞
    2002年 新世紀展 損保ジャパン美術財団奨励賞受賞
    2003年 第22回 損保ジャパン美術財団選抜奨励展出品
    2005年 Seven Contemporary painters from japan出品(バンコク)
     / 韓・日‘Drawing 生活’展 出品(ソウル)
    2007年 多摩秀作美術展佳作賞受賞
    2009年 新世紀の顔・貌・KAO[30人の自画像-2009]
    2012年 新世紀展黒田清輝賞受賞 /  青木繁「海の幸」オマージュ展
     / (ぎゃらりい サムホール)
    2014年 青木繁「海の幸」オマージュ展 / (京都ヒルゲート・銀座永井画廊)
    2015年 第44回 多摩美術家協会展 招待 / 青木繁「海の幸」オマージュ展
     / (埼玉 ギャラリー彩光舎)
    【個展】
    ギャラリーロア(八王子)/ ギャラリー日比谷 / たましんギャラリー
    コートギャラリー国立 / 朝日アートギャラリー / 櫟画廊 / ギャルリー志門
    その他 グループ展、企画展 多数

佐藤忠弘 sato tadahiro 佐藤忠弘 sato tadahiro