鈴木祥平|つつまれる展|2016|アートイマジン ギャラリー

鈴木祥平|つつまれる展|2016|アートイマジン ギャラリー

この現代美術 おすすめする理由があります|アートのその先を|アートイマジンギャラリー

個展やグループ展を開きたい方=表現を発信する場をお探しの方

美術作品を買いたい方・鑑賞したい方=美術に触れたい方

つつまれる 展

展覧会名 つつまれる展
会期 2016年12月1日(木)~12月27日(火)
12:00~19:00(各会期最終日16:00まで)水曜休廊

"つつまれる"をテーマにした展覧会。
ギャラリー空間の中で、大きな作品を前にした時に、多数の作品を前にした時に、
イメージの世界に"つつまれる"感覚を経験した事はありますか?
色彩に、哀愁に、物語に、・・・etc.つつまれる感覚を。

作家プロフィール

鈴木祥平  SUZUKI Shohei

1992 - 東京都生まれ
2015 - 多摩美術大学 情報デザイン学科 卒業

2015 - 芸術の存在意義「展」No.22 出展
   [アートイマジンギャラリー]
2016 - 公募展 MONSTER EXHIBITIONS 2016 出展
   [渋谷ヒカリエ8/]

アーティストステートメント

この稼働する彫刻は、生きている事と滑稽であることを作意として個々に作られた装置の集合である。私達の日々の営みは一定の反復を生み、それが今日の都市の自然さを構成する。都市は個々の営みが取り敢えず形作った調和なき統合であり、都市を形作る構成要素は各々が直向きに何かを営み続けているのが常である。言わば反復は人の社会における自然を構成している。この装置(装置群)は人にとっての自然としての都市の模型である。