芸術の存在意義「展」|表現を発信する場をお探しの方 表現に触れられる場をお探しの方へ

空間 | 非日常 | 隠れ家 | 異空間

心の中に 美術の時間を

アートイマジンギャラリー



芸術の存在意義「展」

会期:2010年8月26日(木)〜9月14日(火) 12時〜19時(火曜日12時〜16時)

主題:芸術の存在意義
副題:この時代における作品の在り方

会期中の土曜日15:00〜、ギャラリートークが行われます。具象・非具象絵画、油絵、映像、イラスト、立体作品、インスタレーション、パフォーマンス、など、様々な美術作品をお楽しみ頂けます。


第1期2010年8月26日(木)〜8月31日(火)
 アサツユウミ  高橋学説  ニシムラマホ
 早川榮二  まチルダ  NOBU Vacteria58

第2期2010年9月2日(木)〜9月7日(火)
 亞紀  大隅秀雄  コヤマイッセー  桜井絵里  宮嵜麻里子

第3期2010年9月9日(木)〜9月14日(火)
 コイケハルカ  鈴木朝潮  橋雅乃  MAYO  Nya

【掲載】
美術の窓8月号/アートコレクター9月号


『芸術の存在意義「展」』の詳細

第1期8月26日(木)〜8月31日(火) 出展作家・参考作品・評論文一覧

第2期9月2日(木)〜9月7日(火) 出展作家・参考作品・評論文一覧

第3期9月9日(木)〜9月14日(火) 出展作家・参考作品・評論文一覧